厚生労働省管轄助成金支援事業について

 

matchは中小企業に特化した国内No.1の助成金コンサルティングサービスで、

月間100社以上の事業主様にご利用頂いております。

 

キャリアアップ助成金をはじめ、対象の事業主が受給できる助成金を診断し、

申請サポートまで行います。

(申請は全国60所のグループ社労士が行います。)

助成金の金額ってどれくらい貰えるの?

厚生労働省管轄の助成金

助成金は条件が合えばどの企業でも貰えますが、実際に受け取るべきは中小企業です。

 

中小企業に助成金を受給していただき、

日本の企業を元気にすることが我々の使命です。

財源は雇用保険です

 

雇用保険を払っている企業であるのに、

一度も助成金を受給していないのは、

はっきり言って損をしているのと同じです。

受給可能となる条件

以下の条件を満たせば原則受給可能です。

①従業員を1名以上雇用している。

②雇用保険、社会保険を払っている

 ※社員数5名未満の個人事業主は雇用保険のみでOK

③会社都合の解雇を半年以内にしていない

④残業代未払等、労働違反を犯していない


たったこれだけなので殆どの企業が受給できる資格があるのです。

助成金は補助金とは違い、採択率があるものではないため、

条件さえ揃っていれば原則受給できます。

厚生労働省管轄の助成金の財源は雇用保険です。

労働環境を整えるために用意された助成金も「申請の仕方がわからない」「難しいのでは」

と申請されたことがない方も多いのではないでしょうか。

雇用保険が財源なので雇用保険に加入した従業員が1名でもいれば受給可能ですが、

94%の企業は申請をしていないそうです。

助成金は補助金と違い、申請要件を満たせば受け取れます。勿論返済不要です。

助成金は細かいものも合わせると毎年数百から千単位で新しく発表されますが、

助成金の専門ではないため、社労士、税理士さんでは、対応しきれないことが多い様です。

できたとしても数ある中から1.2種類と聞くことが多く、社長の負担も労働局に足を運んだりと大変な思いをするでしょう。更に専門外の対応のため報酬が高いと聞きます。

こういった事情が、申請率6%(未申請94%)という実態となっているのです。

 

原則受給できるうえに、申請の手間はこちらで負担し、報酬も安く、多くの種類の助成金申請が可能で、

更に毎年適用する新たな助成金があった場合は、追加対応もしてくれる。

こんなサービスがあったら如何でしょうか。

 

何を申請するか?は誰にご依頼いただくか?です。

 

 

 

今助成金申請を検討するメリットは?

 

Q&A よくある疑問

 


助成金は返済が必要ですか?

返済は不要です。


もらえる確率はどれくらいですか?

条件が揃っていれば原則受給可能です。


書類がなかったり揃えるのが大変なのですが…

サポートサービスがあるので大丈夫です。


社員2名の小さい会社ですが、助成金を受給することはできますか?

どんな会社でも従業員が1名以上いる会社であれば受給可能です。助成金は中小企業に手厚い制度です。


雇用保険に未加入の場合は助成金をもらえませんか?

基本的にもらえませんが、遡って加入すればもらえます。


個人事業主でももらえますか?

個人事業主でも社員を雇用しており、雇用保険に加入していれば受給可能です。


地方でも対応可能ですか?

全国にパートナーがいるので対応可能です。

まずは無料で受給可能か確認(30秒)

↓↓↓